カルメン・マキ&OZ LIVE 2019


DISC-1
① 崩壊の前日
②六月の詩
③ LOVE SONGを歌う前に
④ COSMIC JAM
⑤ UNDERSTAND
⑥ Blue-Tange
⑦ 閉ざされた町

DISC-2
① Image Song
② 午前1時のスケッチ
③きのう酒場で見た女
④ 街角
⑤ 26の時
⑥ 私は風
⑦ 昔


カルメン・マキ:Vocal
春日博文:Guitar
川上シゲ:Bass
武田治:Drums
厚見玲衣:Keyboards


 カルメン・マキ&OZ、2019年の再結成ツアーより、11月24日の川崎クラブチッタ公演を収録したライブアルバム。同内容のブルーレイも同時発売されている。

 私はこのツアーの大阪公演に行ったのだが、歌も演奏もとにかく凄まじかったのを覚えている。当時68歳とは思えぬマキさんの迫力と艶も張りもある歌声に痺れ、シゲさんの爆音ベースに驚き、そして他のメンバーの確かで高度な演奏にひたすら打ちのめされていた。
 その時と曲目・曲順は若干違うとはいえ、それがパッケージされて世に放たれるというのはこれまた感激で、私はCDもブルーレイも両方手に入れた。

 大枠は78年の「LAST LIVE」を踏襲した感じだが、インストの1-④⑥、ブルース・クリエイションとの共演アルバムからの1-⑤、2-③④がアコースティック・セットという一味違った趣向も凝らされている。
 ここでの厚見さんは、オルガンやメロトロンでの貢献度が高く、ミックスの関係もあろうが、かなり前面に出て来ている。インスト2曲でもそうだが、数々の名曲に彩りを加えており、そしてコーラス面でも大きく貢献している。実は90年代から断続的に復活してきたこのバンド、鍵盤はその都度厚見さんだったのだが、もうすっかりメンバーとしてその一角を担っていると言えよう。

 音源として腰を据えて聴くと、やはりある程度は年相応の声に聞こえてしまうのだが、ブルーレイを見ているとそれは全く感じなかったし、年相応と言っても衰えたのではなく、むしろ円熟味を増したと言うべきだろう。
 日本で女性がロックを歌うということの道を切り開いてきたマキさんの魂の歌唱、この時のツアーで見れなかった人は是非本作でその凄みを感じてほしいと強く願う。 


平安時代 宴2

「桔梗です」
「楓子です」
「清少納言でございます。前回は重い陰の巻でしたが、今回は楽しい陽の巻です。どうなりますか、とにかくお楽しみに」

 前回に引き続き本編より四十年前の話。晴明の邸に道満と八百比丘尼が来ていた。
「今日は久しぶりに懐かしい面々が集まるな」
 晴明が言うと道満も、
「ああ、皆偉くなってて、集めるのが大変だったな」
 悪人退治に関してはいつも揉める二人も、宴となると楽しそうである。
「それじゃ私はお邪魔になっても困りますので、そろそろ…」
 そう言って八百比丘尼は立ち上がり、邸を後にした。
「あら八百比丘尼、もうちょっといてもいいのに」
 道満が言うが晴明は、
「今回の面子に関係ないから遠慮してるんだよ」

 さて、晴明と道満は陰陽寮の学生時代に朗詠の同好会に所属しており、都の大学別曹にも同じような集まりがあって、各校と交流も盛んだったのだ。
「おお久しぶり。元気だったか」
 二人の似たような雰囲気の男たちと小柄な女人が現れた。
「大納言夫妻は別に久しぶりでもないが、相模守は久しぶりだな」
 頭の禿げた男が大納言、そして小柄な女人がその妻であった。百年の寿命を加算されてその間は不老不死となった晴明・道満と比べると随分老けて見える。
 そこで相模守と呼ばれた男が道満に言った。
「ところで道満、相変わらず阿弗利加チ〇ポ?」
「いきなり何を言うか。まだ妻はおらんが、女郎屋で適当に、な」
 そこに道満と同じくらいの背丈の男が二人やってきた。
「惟光に染田湯、よう来たな」
 痩せて猫背の男・惟光の名にピントきた人もいいようが、彼は紫式部の家に仕える侍従であり、「源氏物語」に出てくる同名の人物のモデルである。この頃に紫式部は生まれておらず、父・為時もまだ若者だったのだが、本編の時代でも「じいや」として現役で働いていた。
 そして染田湯はその名の通り銭湯の主人で、いつも番台に座っている。
「懐かしいな大納言に相模守~!」
 大納言と国司、侍従に風呂屋、更に陰陽師の集まるのが面白いところである。
「お、今度は伊予守と讃岐介と備中介だ」
 小柄で大仏のような頭をした色黒の男、やや背が高く妙に整った頭をした男、そしてかなりの長身で長い顔と顎が特徴の男が現れた。呼ばれた通りの順番であった。
「伊予守は相変わらずの大仏頭か」
 晴明が言うのに伊予守は、
「ええやんけ俺はこの頭が気に入っとんじゃ。え」
 そう、現代で言うパンチパーマなのだ。そこで大納言が、
「伊予守と備中介はわかったけど、もう一人は誰?」
 晴明がそれに答える。
「讃岐介だ。痩せたからわからなかったかな」
 だが相模守が本人に、
「讃岐介、それ被ってんの?」
 だが惟光がそれを遮る。
「ちょっと、被ってんのはまずいよ」
 そう、讃岐介は若い頃頭が薄く、当時の偉い役人たちからも敬語で話しかけられるくらい老けて見られていたのだ。
「まあこいつらの頭は地元の陰陽師たちが巻いたり増やしたりしたんだがな。皆うちの親父の親しい者たちだ」
 そう、髪を切るだけなら床屋がするのだが、さすがにパンチパーマとヅラは出来ないので陰陽師の仕事となる。そして西国のそういう者たちは道満の父・将監の弟子だったり同門だったりしたのだ。
 そしてぞろぞろと晴明の邸に集まり出し、宴が始まろうとしていた。

 乾杯で始まりという前に、整った顔立ちの男が晴明、道満、伊予守、讃岐介、備中介、そして近江介を集めて並べ、何やら言い始めた。
「皆さんお久しぶりです、私はこの度中納言になりました。そこで!皆さんに一言挨拶です」
 だが挨拶と言いながら中納言は、
「この中に一人!すぐ人のせいにする奴がおる。お前やろ!」
 備中介が、
「いや違います、こいつです」
 並んだ全員が、
「お前やー!」
中納言「この中に一人!尻取りの好きな奴がおる…お前やろ!」
讃岐介「ろ…ろば」
全員「お前やー!」
中納言「この中に一人!お母ちゃん子がおる。お前やろ!」
惟光「違います。な、お母ちゃん」
全員「お前やー!」
中納言「この中に一人!素人無線をやっとる奴がおる。お前やろ!」
道満「違います…どうぞ」
全員「お前やー!」
中納言「この中に一人!関西の人間とちゃう奴がおる。お前やろ!」
伊予守「わてちゃいまんねん」
全員「お前やー!」
中納言「この中に一人!九官鳥がおる」
晴明「コノナカニヒトリ、キュウカンチョウガオル」
全員「お前やー!」
中納言「この中に一人!蟹がおる。前へ進め!」
 近江介だけ横歩き。
全員「お前やー!」
 そして中納言が、
「この中に一人!しょうもないこと言いが…おりもまさお。俺やーっ!…以上余興でした」
 爆笑する者、いきなりで呆気にとられた者と様々であった。

 そして宴が始まって皆が歓談していたのだが、
「よくこれだけ集まったもんだが、やはり前検非違使別当がおらんのは寂しいな」
 左近衛少将が言う。そう、検非違使佐の上位に当たる検非違使別当をやっていた人物がこの集まりの中心的存在だったのだが、彼は数年前に病で亡くなっていたのだ。
「豪快だったが細かい心遣いも際立った奴だったな。
 三河の料理屋「北京」店主がしみじみ言う。
「しかしあいつで思い出されるのは、やっぱり洗濯屋ほりりんとのやりとりだな」
 道満が言うと伊予守は、
「お前かて身ぐるみ剥がされとったやろが。え」
「そこでだ、ほりりん。もっと飲んでくれんと始まらんじゃろ」
 備前守がほりりんと呼ばれた男に飲ませる。ほりりんは普段口数も少なく物静かなのだが、いつも酔っ払うとゴロッと変わり、前検非違使別当に「勝負しろー!」と叫んでいたのだ。
 そして紙巻煙草をくわえ、吸い出した。
「お、煙草吸い出したで」
 色の黒い歯だけ真っ白な男が言った。式部丞である。
「こいつが吸い出したらそろそろ始まるぞ」
 晴明が言うと、ほりりんは二本いっぺんに吸い出した。
「そら来た。よし、じゃあこれ行かんとな」
 そして晴明は懐から紙を一枚取り出し、呪文を唱えるとそれから程なく晴明の背後に怖い顔をした大柄な男の姿が重なるように現れた。
「おお、別当!」
 焼き鳥屋の主人が声を上げた。そう、前検非違使別当であった。
「忠行先生があいつの髪の毛から培養して式神を作ってくれたんだが、道満はあいつを凄く尊敬してたからもったいなくて使えないと言うんだ。だから私がもらったんだが…」
 晴明が言うと別当を複製した式神が、
「ほりりん、一本とか二本とかケチケチ言わんと、全部まとめて吸えや!」
 煙草を箱から二十本まとめてとりだし、ほりりんの口に突っ込んで火をつけた。
「吸えんよ吸えんよ~」
 と言いながら吸っている。そして大納言に向かって、
「大納言!好きだー!一緒に寝ようよ~」
 などと言い出す。
「ちょっと待てよ~何言ってんだよ~勘弁してくれよ~」
 大納言がたじろいだ。更にほりりんは武蔵守の顔面にパンチをお見舞い、鼻血がタラリと。
「おい、大丈夫か武蔵守!」
 肥後介の問いに武蔵守は、
「大丈夫、大丈夫」
 と言いながら明らかに顔は引きつっていた。
 そう、とうとうほりりんは酔っ払った時の最強の状態になったのだ。
「おえーっ、おえーっ」
 と言うから心配して焼き鳥屋の妻が近寄るも、
「とか何とか言っちゃったりして」
 に全員がムカッときてボコボコに。
「こいつ、相変わらずやな」
 近江介が言うが、道満は、
「まあでもこれでこそのほりりんだ。何か安心した」

 そんなこんなの中、女性陣が集まって飲んでいた。小柄な三人とやや大きい三人…小柄な方は大納言の妻、蔵人頭の妻、焼き鳥屋の妻で、こちらは容姿も普通なのだが、大きな方…検非違使佐の妻、下総守の妻、この二人も美しいが、もう一人ひときわ目立つ美女が藤原兼家の妻で、「蜻蛉日記」の作者として名高い道綱の母と呼ばれる人物であった。
 大納言の妻、検非違使佐の妻、そして下総守の妻が賑やかに話していると、そこに晴明、道満、惟光、染田湯の主人がやってきた。
「皆さん楽しそうですな」 
 晴明が言うと下総守の妻は、
「あら偉い人が庶民を連れて」
「俺は好きで庶民やってんだ。ガタガタ言うな」
 道満が返す。
「おいおい、また喧嘩すんなよ」
 惟光が言うと下総守の妻は、
「もうしないわよ。あんたも口悪いわね」
「お前に言われとうないわ!」
 けたたましい下総守の妻と違って物腰柔らかな蔵人頭の妻が「どうぞどうぞ」と男たちに酒をすすめる。
「でもあん時は凄かったな。道満と言い合いになって、道満が頭をひっぱたいてお前がお返しに酒をぶっかけて、私に触らないでよね!って」
 染田湯が言うも道満は、
「あの後で忠行先生にこっぴどく怒られてな。だからもう酔って暴力振るわないし、こいつとも仲直りしたからな」
「だからこの二人、それから仲良くなってこのまま結婚でもいいのにと思ったんだけど、結局そうはならなかったのよね」
 道綱の母が微笑む。
「道満もずっと一人だから、そうなりゃ皆が大歓迎だったのに」
 染田湯がニタッと笑う。
「あら、そうだったの?」
 検非違使佐の妻が言うと焼き鳥屋の妻も、
「そうやねんで。うちら夫婦もそれを期待しててんから」
「そうもいかん事情ってもんがあるんでな」
 道満が言うと晴明は、
「お前はただの面倒くさがりじゃないか。寿命が百年加算されてからそれに拍車がかかってしまってな。だが心配するな。ずっと先になるがこいつは結婚出来る。その頃にはここにいる全員がジジババになってるか死んでるかだろうが」
「ああ良かった。それでもずっと一人じゃないんだね」
 大納言の妻が安堵したように言った。

「清少納言でございます。皆さん、如何でしたですか?こういう話もたまにはいいんじゃないかと思います。それではまたの機会をお楽しみに」 

地獄草紙

「皆さんお久しぶりです、桔梗です」
「楓子です」
「清少納言でございます。お元気でしたでしょうか?物語が終わって数ヶ月経ちますが、作者の頭の中にはまだいろんな案があるようです。今回はその中から一つ、地獄変のその後と結末を披露しようと思います」

 皆さんは芥川龍之介の「地獄変」をご存知だろうか?
 偏屈な性格で自分の見たものしか描けないという絵仏師良秀は、絵の依頼を受けるたびに弟子たちに無理を言ってそれにふさわしい行動をさせるが、その作品の見事さは賞賛されるも、人物への批判も同じくらいあった。
 良秀には一人娘があったが、父に似ず美しく優しい性格で、当時権勢を誇った堀川の大殿と呼ばれる人物に気に入られて召し抱えられていた。だが一人娘ゆえ返してほしいと大殿にたびたび迫る良秀、そして大殿の求愛を受け入れない娘…この父娘に悲劇が起きるのだった。
 大殿は高く評価していた良秀に「地獄変の絵を描いてほしい」と依頼する。だが「見たものしか描けない」と言う良秀は、弟子を縛り上げてミミズクにつつかせるなどの無茶をしながらかなりの部分まで描き上げる。だが「中央に燃えさかる牛車の中で悶え苦しむ女官を描きたいがそれが叶わない」と言い出し、大殿はその要求に応えようと良秀を呼び出した。そこにはきらびやかな牛車が用意されていたが、何とそれに乗せられていたのは鎖で縛られた良秀の娘であった。大殿の命で牛車に火が放たれ、悶え苦しむ娘、それを目の当たりにして苦悩するもやがて恍惚とした表情を浮かべる良秀…やがて壮絶な地獄変の屏風は完成し、大殿はそれを気に入って世間の評判になる。だが一人娘を目の前で焼き殺された良秀は罪の意識に苛まれ、しばらくして自宅で縊死する…

「晴明よ、お前は良秀の地獄変を見たのか?」
 晴明の邸に来ていた道満が問う。
「ああ、右大臣様のお邸で拝見した。物凄い絵だった」
 この話は本編の時代より遡ること四十年、二人が師匠である賀茂忠行の力で八百比丘尼の寿命を分け与えられて間もない頃のことである。
「俺も透視してみたが、確かに物凄い絵のようだ。だが…」
「だが?」
「良秀が首を吊ったのは仕方なかろう。だが俺が引っかかるのは右大臣よ」
 道満の顔が一気に曇った。
「確かに良秀の要求は無茶だった。だがそのためにその娘を焼き殺すか?」
「あれは良秀の行き過ぎた写実主義を戒めるためだったのだろう。私も納得いかないが、今それを言ってもどうしようもない」
「だが右大臣が求愛を受け入れられなかった腹いせもあるんじゃないか?それをああいう形で復讐しようとは、俺は許せぬ」
「では道満、お前はどうしたいのだ?」
「決まりきったこと、闇の裁きを与えるまで」
 晴明はそれに異を唱えた。
「お前、右大臣様を殺すとは大それたことを…今の国政に無くてはならぬお方だぞ」
 そう、この時代は村上天皇の御代で、関白を置かずに天皇親政が行われ、もっと前の醍醐天皇の御代と並んで「延喜・天暦の治」と後世で高く評された。だが実際には関白の名称を使わなかっただけで、政治の実権は引き続き摂関家の左大臣・藤原実頼とその弟である右大臣・師輔に握られていたのだ。そしてこの師輔こそがこの地獄変の依頼人である。
「右大臣だろうが左大臣だろうが関係あるか!この非道な行いには己も生き地獄の苦しみを味わってもらわねばならぬ!」
 道満が激昂すると晴明も、
「私は都と国政の平穏を守る身。お前がそう出るなら力ずくでも阻止する」
「じゃあ勝負といくか」
「望むところだ」
 そして二人は邸の中で術による勝負で火花を散らすが、実力が互角ゆえに全く決着がつかない。やがて二人は戦うのをやめた。
 そして晴明が言う。
「これは忠行先生に相談するが良さそうだな」
「ああ、俺の返事は変わらんと思うが」

 その夜、晴明は忠行の息子で兄弟子である賀茂保憲、そして無二の親友である源博雅を邸に迎えて飲んでいた。
「そうか、道満が右大臣様を成敗しようと言うのか」
 博雅が言うと晴明は、
「ああ、心情的にはわからんでもないのだが、どうもあいつはやりすぎるからな」
 それに保憲が、
「多分父上も道満と同じことを思っているはずだ。やり方は違うにせよ」
「やはりそうか…」
 晴明はぼそりと呟いた。
「まあ、そこは父上と相談の上だろう」

 一方で同じ頃、道満も当時の蔵人頭と検非違使佐と一緒に店で飲んでいた。もちろん皆さんがおなじみの二人ではない。道満が学生時代、ともに学んだ者たちである。
「ちゅうことで、晴明の野郎が俺を止めにかかるからな。俺はすぐにでも右大臣を悶絶させたいのだが」
 それに蔵人頭が答える。
「まあしゃあないわ、あいつも俺らと同じ役人やからな」
 検非違使佐も、
「俺かて右大臣様やなかったらぶちのめしたいが、立場っちゅうもんがあるからな」
 この二人は蔵人頭が道満と同じくらいの背丈で、検非違使佐がもっと大きいのだが、狩衣を脱げばどちらも筋骨隆々…そう、検非違使佐の髪の毛から培養されるのが道満の式鬼なのだ。
「しかしお前、陰陽寮での出世を蹴って闇の裁きか。もったいないことをしたもんだな」
 蔵人頭が言うと道満は、
「いや、これは俺が選んだ道だ。俺は庶民のため、そして法で裁けぬ悪を懲らしめるために生きると決めたんだ」
「俺はそいつを防ぐ立場やが…今回も目をつぶったろうかい」
 検非違使佐は法を守る立場ゆえに道満の行いを阻止するべきなのだが、その心情に共感するゆえ、いつも黙認しているのだ。

 翌日、晴明と道満は忠行の邸に顔を揃えた。
「なるほど、道満は右大臣様の行いを許せない。晴明は国政の安定を守るためにそれを止めたいわけだな」
 忠行が言うと二人は、
「左様でございます」
「うむ。そうだな…今回は道満に任せよう」
「な、何ですと?」
 忠行の言葉に晴明が慌てた。
「国政に無くてはならぬ右大臣様ですぞ」
「それはわかっておる。だが私もいつも通り右大臣様を重病にして苦しめるつもりでおった。実は右大臣様はそろそろ天命が尽きて、放っておいても亡くなる寸前なのだ。それなら私が苦しみを与えようとな」
 忠行の言葉に道満は、我が意を得たりと微笑んだ。
「天命が尽きるならこのまま放っておいても…」
 晴明がそう言うのに道満は、
「やはり先生ですな。よくわかっていらっしゃる」
「それでは道満、よろしく頼むぞ」

 その夜、帝と実頼が師輔の邸を訪ねていた。
「ううむ、いつ見ても物凄い絵だな」
 帝が言うと師輔は、
「はい、良秀が命を削って描いたものですからな」 
「あまりに出来すぎていて、見てて寒気がするな。特に女官の乗った牛車は」
 兄である実頼もそう言った。
 そしてしばらく歓談していたが、やがて帝と実頼は帰り、師輔はそれを見送ると一人でくつろいだ。
「しかし恐ろしきは良秀の芸術に賭けた執念よ。これほどの絵を多くの犠牲を払って描き上げるとはな。娘には気の毒だったが、仕方あるまい」
「人を一人焼き殺しておいて何が気の毒だ」
 どこからともなく一人の男が現れ、師輔に向かって刀を構えていた。
「お、おのれ、何者!?」
「俺は民間の陰陽師、芦屋道満。いくら絵仏師の作品を完成させるためとはいえ、罪もない娘を焼き殺すとは許せぬ所業。よってこの場で成敗いたす」
 道満の言葉に師輔は慌てた。
「お、お前、私は右大臣だぞ。それに刀を向けるとは、それこそ不届きな」
「黙れ!己の求愛を受け入れられなかった腹いせもあったくせに。お前にも娘と同じ苦しみを味わってもらう」
 そして道満は地獄変の屏風に刀を向け、そこから何やら吸い取るような動きをして、再び師輔の方を向き、刀を向けて呪文を唱え、吸い取った何かを放った。
「うおお…あ、熱い!熱い!」
「この絵の炎をお前の体に送り込んだ。娘がどんなに苦しんだか、お前も身をもって知るんだな」
「た、助けてくれ!こんなつもりじゃなかったんだ。いっそ斬り殺してくれ」
「お前を楽には死なさん。この絵屏風の如く、お前も生き地獄を味わうが良い」
「ぎゃあああああ…!」
 悶え苦しむ師輔を尻目に、道満はその場を去った。

 翌日、師輔は邸で悶死しているところを発見されたが、検非違使庁の判断で病死とされた。
「さすがは道満、私の期待以上の働きをしてくれたな」
 忠行が自分の邸に晴明と道満、そして八百比丘尼を呼んでその前で言った。
「いかに右大臣とはいえ、許せぬ所業。身をもって知って頂きませんとな」
 道満がそう言うと晴明は、
「先生が道満に任せられたのですから私は何も言えませんが、良秀が執念で描いた絵はどう致しましょう?」
「うむ。絵の主がこの世にいなくなったらもう用済みだ。あの絵がある限り良秀父娘の魂が救われぬ気がしてならん。絵は焼いてしまおう。そして父娘の菩提を弔おう」
「あとは私にお任せ下さい」
 八百比丘尼が合掌しながら言う。
「さすが八百比丘尼、任せたよ」
 道満が目尻を下げて言う。そう、この頃の道満は八百比丘尼にデレデレだったのだ。

「はあ~、済んだ済んだ」
 道満が忠行の邸を出ると、蔵人頭と検非違使佐が待っていた。
「ご苦労さんやったな。さあ行くか、精進落としに」
 そして三人は連れ立って、女郎屋への道を歩いて行った。

「清少納言でございます。如何でしたか?良秀と娘の魂が救われることを私も祈願しております。それではまたお会いする機会を楽しみにしております」  

↑このページのトップヘ